· 

巫女子の生きざま

 

「やっと生まれた」

 

巫女子(月夜の祈りsupporters)の一人が

そう言った

 

 

毎週オンラインで巫女子が集うミーティングで

「ここにきて感じていること、変わったことは?」

 

その問いかけに

巫女子のジャスミン

今の想いを話してくれました

 

 

ずっと戦いの世界にいた

体型から性格から何から

オシャレとかも全部

戦う武器としてやっていた

生きてきた

 

 

常識とか家族とかの縛りの中に生きていて

すーごい辛かったの

 

必死にルールを守って

普通になろうとしてなれなくて

 

みんなみたいになりたくて

でもなれなくて、すごい辛かった

 

でも美雨ちゃんに

「なれるわけないじゃん」

「異物なんだから受けいれて」って

言われて

 

他の人に言われたらイラッとくるんだけど

なんか

違うんだよね

 

あ、それでいいんだって

このままでいいんだって

 

ずっと

ふわふわ ふわふわ

糸の切れた凧のように飛んでいたんだけど

 

落ちたの

落としてくれた

 

 

今思うと

ずっと生まれて無かったと思う 

 

「やっと、生まれた」

 

(想いの一部を文字にしています)

 

 

月夜の祈り、美雨に出会い

そこで感じたもの

体験したこと

受け取ったもの

 

全てが交差して

 

いまシンプルに

「それでいいんだ」と

 

その場所に降り立った

一人の女性の

いのちの話

 

言葉では想いの全てを

伝えきれないのがもどかしいです

 

感情・心

ルールも常識も

生き方も

 

目にはっきりと見えないもの

見えにくいもの

 

その全部が

自分・いのちの一部で

 

ひとつひとつと向き合い

自分の感覚を信じて

アクションし続けている

巫女子の生きざま、人生の話

 

いのちの話

(YouTubeに遷移します)