· 

大阪お告げ 卯月

 

 

新年度が始まり

ひと月ほど経つころ

 

4月25日、26日は大阪の山下へ

梅田にてお告げを行います

     



     人生という道で交差する

お告げ、というひとつの点

 

 


先日、管理人が初めて「お告げ」で

美雨と対面したときに頂いた

1枚のメモ紙が出てきました

 


およそ3年ほど前なので

今とは少しスタイルが違い

美雨、巫女、管理人(受ける方)

3名で対面し行いました

(現在は美雨と受ける方、2名で対面します)

 


そしてその時に側にいた巫女が

お告げの空間で放たれた言葉を記し

帰り際、私にメモを手渡してくれました

 

 

1枚のやわらかな和紙に

ランダムに放たれた言葉たち

 

美雨を通して

自分から出てきた言葉のカケラ

 

 

今見ると、正直、なんのこっちゃ??と

自分ではわからない言葉が沢山あります 笑

 

でも

メモを開いた瞬間、

 

あの時の空間と

体の感覚が蘇ります

 

 

美雨と対面して目を合わせた時の、感覚

 

 

言葉にするのはいつも難しいのですが

 

お腹の深いところで

すうっと繋がるような感覚が

私にはありました

 

私の場合は

正直なところ「言葉」や「意味」より

 

体の感覚、空間の記憶が

とても深く残っていて

 

そしてそれは、おそらく

「忘れる」という場所には

無いものではないかと感じています

 

 

忘れないもの

忘れられないもの

 

ずっと此処に、

自分の中に在るもの

 

そんな感覚を

私は「お告げ」という点で

受け取ったのだと思います

 

 

美雨と対面し

目の前に座るその瞬間、その空間

 

自分の内側と繋がる

 

古い故郷に還るような

どこか懐かしい、

無くなりようのない感覚

     

 

「お告げ」

 

 

4月は梅田にて繋がります

 

 

大阪お告げ 卯月

4月25日(日)、26日(月)

大阪梅田駅近くにて





「人生」という「いま」を繋ぐ

点から点へ


人生の数珠繋ぎ