· 

自分の中の神さま

 

自分のことが

全くわからなくなったとき

此処、月夜の祈りに出会いました

 

24時間365日一緒にいるはずの

唯一の自分が

わからなくなったとき・・

 

唯一の自分

「自分の中の神さま」

 

今思うとその自分に会いに

お告げ」に行ったと思います

 

 

 

 

あー、はい

自分の中の神さまですね

知ってる知ってる〜

居るよねー

 

って、、

 

そんな軽さやノリの人は

あんまり居ないですよね 笑

 

 

管理人の昔話を少し

 

 

幼い頃

「神さま、お願いします」と

些細なことでも

心の中で願っていました

 

本当に些細な時に

「神さま〜」って願っていた

 

 

今思うと

その時イメージしていたのは

ここではない何処かに居る

(と思っていた)神さまでしたが

 

それは

すがるというよりも

日常的に神さまに「繋がる」を

していた気がします

 

 

そして現在

幼い頃のように願うことは

無くなりましたが

 

月夜の祈りに出会い、

 

「おい、自分〜〜!!」って

自分自身に聞く・繋がるような時間が

とても増えました

 

その感覚がね

「神さま〜〜」の時と似ていて

 

すがるではなく

「問う、繋がる、生み出す」

そんな感覚なのです

 

今ここにいる自分に聞く

繋がる

そして、生み出す

 

 

世の中には選択肢が溢れ

むしろ選び放題で

 

時に自分のことすらも

わからなくなったりもするけど

 

 

ここだけは

いくつになっても変わらない

自分だけの

唯一の軸なんじゃないかな

 

 

唯一の自分

「自分の中の神さま」

 

私は此処で出会いました

(とはいえ2年前)

 

 

 

管理人の今昔話し